メニュー

骨粗しょう症(こつそしょうしょう)

折れてからでは遅い

骨粗しょう症は、背骨や股関節などの骨が折れてから気づかれることが多く、骨折してから治療をするのでは遅い病気です。
折れる前に治療を開始することが重要となります。
折れるまでに自覚症状は特にないものですので、一度検査をすることが重要です。

検査のタイミング

目安としては、女性なら閉経(50歳前後)以降の方。男性なら70歳以降で一度検査をすることが望ましいと考えています。

検査

レントゲンのような機械を用いて骨密度を測定します。手首や踵などで検査をするケースもあります(簡易的なため)が、大事なのは股関節や背骨の骨密度です。
股関節や背骨での検査を当院では行います(手首の方が骨密度が高く、股関節や背骨では低いケースあるいはその逆などのことも多いため)。

骨粗しょう症と診断されれば

骨密度・骨質を改善するための治療を開始します。

背骨や股関節の骨折をきたすと歩行困難・寝たきりなどの原因となりますので、骨折の予防が重要となります。
治療をすれば骨折しなくなるというわけではありませんが、骨折の可能性を低くすることができます。
治療法はたくさんありますので、患者さんと相談しながら最適な治療法を選択していきます。

例えば

若くて(50~70歳程度)、運動能力も保たれているようなケースでは薬を使わず、食事療法や運動療法で骨密度を上昇させることを目標にします。
半年おきに骨密度の検査をしながら、投薬するかどうかなどを検討します。

ご高齢患者さんや運動療法が困難であるような方には積極的に薬を使用します。
薬も作用機序や副作用、内服方法が様々ありますので、患者さんの希望や生活動作能力などを考慮しながら薬の内容を選択します。

当院での治療法

薬は月に一回内服するだけのもの(薬品名 ミノドロン酸)、半年に一度注射(薬品名 プラリア)するもの。
重症の骨粗鬆症や骨折治癒促進を図りたいような症例では注射(薬品名 フォルテオまたはテリボン)を行います。
また、新規に発売された骨粗鬆症薬は月に一回注射するだけで骨粗鬆症の改善効果が強く期待できるものがあります(薬品名 イベニティ)。
また、閉経後の患者さんで、まだ骨密度が保たれている方では女性ホルモンの内服薬を処方いたします。
そういった薬のメリット・デメリットを個々の患者さんで適応を考えながら選択します。
骨粗鬆症の加療中に抜歯をされるような患者さんでは担当医にご相談ください、いくつか注意点がありますのでお話をさせていだきます。
上記の薬に加えて、活性型ビタミンD製剤は組み合わせて服用していただく予定です。

上記の治療法に加えて

運動の大切さについてご理解を深めてもらい、薬だけでなくある程度の筋力負荷運動をやってもらうことで骨密度・質の改善をはかります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME