メニュー

腰・背部痛

原因

原因がわからないものが大半を占めます。

整形外科的な原因ではなく、内科的な病気(大動脈解離・心筋梗塞・尿路結石・心因など)が原因となることもありますので注意が必要です。

病歴と身体所見をキッチリとる必要があります。

内科的な病気を頭に入れつつ整形外科的な腰痛(化膿性脊椎炎や悪性腫瘍など)を意識して診療にあたる必要があります。

当院での治療法

大半が対症療法(痛み止めや安静)で経過をみることが多くなります。身体診察をしっかりしないと、重大な疾患を見逃すことがありますので定期的に腰痛の身体所見をとります。

診断によっては、椎間関節ブロックや筋膜リリースが効果を認めます。

腰痛を慢性化させず、「治す」ということに主眼をおいて治療にあたってまいります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME