メニュー

手の痛み、しびれ

指のひっかかりや、指の付け根の痛み

腱鞘炎による腱鞘(指を曲げる腱という組織を収めている組織)の肥厚が原因となり、ばね指といいます。
抗炎症薬の使用や少量のステロイドの注射で症状緩和がほとんどの場合で得られます。複数回のステロイドの注射が必要となるような場合や患者さんの希望があれば腱鞘切開術という手術を行います(局所麻酔で手術時間10分程度)。

指のしびれ

原因として手根管症候群や肘部管症候群、頚椎症(首の神経が原因)となることが多いです。身体所見やレントゲン・MRIなどから診断を詰めます。
手根管症候群による症状である場合、保存的加療での改善が乏しければ手術加療をおすすめします(局所麻酔で手術時間15分程度)。
頚椎症からくる場合、投薬やカラーなどで改善を図ります。症状が悪化してくるようであれば手術目的に紹介状を作成いたします。

※頸椎症からくる痺れに関しても、筋膜リリースの応用で神経剥離を行うことで効果を認めることがあるようです(情報収集中)ので、患者さんと相談しながらご希望があれば施行いたします。

 関節リウマチ

病歴や身体所見などで関節リウマチが疑われるような場合、レントゲンにて関節破壊や骨がうすくなっていないかを確認したり、血液検査にて抗体の有無などを確認して診断をつけます。
関節リウマチと診断がついてからは内服薬で治療を開始します。
内服薬での治療効果が乏しい場合は生物製剤という比較的高価な薬剤を使用して病勢をコントロールしていきます。
コントロールできないようなケースでは専門病院へ紹介させていただきます。
また、関節リウマチの患者さんでは骨そしょう症をきたす確率が高いので積極的に検査・治療を行っていきます。

※エコー検査で指の関節などでの炎症の度合いをチェックし、病勢のコントロールが得られてきているかどうかを確認することもできます。

関節リウマチは早期発見・早期治療を行えば、大半が比較的良好な経過を得られます。ふしぶしの痛みがある方は一度受診してください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME